面接の時に気をつけたいポイントは、以下の通りです。 ・リラックスする ・笑顔を意識する ・大きな声で明るく話す ・目を見て話す ・会話のキャッチボールを心がける 面接で大事なことは、肩の力を抜いて、リラックスすることです。 面接は緊張するのが当たり前だと思うようにすると、徐々に力が抜けていきます。 また、面接の時は、意識して笑顔を作るようにしましょう。 緊張してしまうと顔が強張ってしまうので、意識的に笑顔を作り、印象を良くしてください。 それから、面接官と話す時は、大きな声でハキハキと明るく話すということを心がけることが大切です。 声が小さいと相手が聞き取りづらいですし、弱々しい印象だと「この人とは仕事をしたくない」と思われてしまいます。 それに、下を向いて話さずに、相手の目を見て、話すようにしましょう。 相手の目を見て話すことで、自信があるという印象を与えることができ、自分に興味を持ってもらえます。 そして、暗記したことをそのまま言うのではなく、会話のキャッチボールを意識してください。 暗記してきた文章をそのまま言っても、面接官には熱意が伝わりませんし、柔軟さがないと思われてしまうでしょう。